スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

②ダウン獲得の為の効率の良い広告の出し方(後半) 

最近、ホームページリニューアルのためになかなか時間が取れませんでした。ある程度、めどがついたのでブログを書きます。
前回、前半に続きダウン獲得の為の効率の良い広告の出し方(後半)です。相変わらず、私の主観で書きます。

今回は【広告の出し方】です。
①何を広告に出すか?
②メール・PTCの使い分け
③配信数の決め方

①リードメールのダウン獲得で、直接そのサイトの紹介をしている広告がよくあります。効率としては、非常に悪いものになってしまうので避けた方がいいでしょう。広告に出すのであれば、ホームページ・ブログでサイトの紹介をした方が良いです。ただ、新着サイトに関しては、直接サイトを紹介しても問題ないでしょう。

②メール・PTCの使い分けは、好みですが新着サイトはリードメールで出した方が良いです。過去のサイトは、本当にそのサイトのダウンがほしい!という場合は、リードメール・どれかのサイトにダウンがつけばいいかな?という場合はPTCの方が値段的にはお徳です。

③配信数の決め方は、もちろんお金に困ってない人であれば、全配信・全クリック保証が良いのですが、そんなわけにはいかないです。広告を出して1番ダウンがつくのは、その広告をリアルタイムで見てくれた人です。理由は簡単。何時間も後に、その広告を見る人は数10通~数100通のうちの1通でしかないからです。よっぽどタイトルが興味を引くものでなければ、その広告はちゃんと見てもらえません。ですから、配信数としてはリアルタイムで消化される分(サイトによって異なりますが)、大体1000~2000クリック保証でも十分だと思います。

以上、非常に簡単にまとめてしまったのでわかりづらいと思いますが、こんな感じです。ホームページの方には、広告を出す人・受け取る人の心理も踏まえ、もっと詳しくまとめるつもりです。(いつ書けるかわからないですが・・・)
スポンサーサイト
[ 2006/02/10 16:03 ] リードメール | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/02/12 18:02 ] [ 編集 ]

はじめまして

最近ようやく落ち着いて来たので
サイト廻りをして勉強しております。

広告はまだ出した事がないので、
大変勉強になりました。

また、ゆっくり伺います。ではでは
[ 2006/02/12 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sonohigurashiseikatu.blog43.fc2.com/tb.php/24-01b61e6d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。